woman in black tank top
英会話 / 英語学習

英語の学習に使えるサイト「TED」の活用方法

英語学習において教材は必須です。どの学習でも基本は大量のインプットです。教材や、道具によって学習効率は大きく変化します。自分が思う「英語ができる」レベルに適した教材や道具を選定することがとても大切です。そこで今日は学習に使えるサイトをいくつか紹介をいたします。

TED

英語が分からなくても楽しめるアポロ・ロビンズ

ご存知の方も多いと思います。ありとあらゆるジャンルの英語で行われるプレゼンテーション番組です。TEDを利用する利点を3点あげます。

  1. 好きな、内容、好きな英語が選べる
  2. HPからダウンロード可能
  3. いろんな視点が得られる

1.好きな内容、好きな英語が選べる

TEDでは映画と違い、聞きた英語や内容を選んで使うことができる画期的なサイトです。私は女性でイギリス寄りの発音おプレゼンをいつも選んでいます。話される英語が上手か下手か、アメリカ英語かイギリス英語かというより聴きやすいもので練習することが大切だと考えます。そうなった時TEDは吟味できる種類と量があるのが特徴です。

おすすめのやり方

これは動画なのでspeakingとlisteningに特化した教材です。おすすめのやり方としてはまずTEDのHPへ行きます。

①プレゼンを選ぶ

TEDは「アイデアを広めることに専念した」非営利団体です。ですのでありとあらゆる視点から様々なジャンルの老若男女がプレゼンを行います。好きなもを何個でも聴き比べ一つ、選んでください。

私は最初に紹介したこのプレゼンにしました。ちなみにこの人はマジシャンで英語が分からなくても知識がなくても楽しめます。マジシャンは結構いますので聞き取りやすいならこのジャンルはおすすめです。そうしたら次は字幕を選択です。そのまま観ても保存してみても良いのですが、ポイントは、

②英語字幕にするということ!!

そのまま見る人は字幕で選択
保存したい人はShare

実用的な英語学習の際には脳から日本語を排除することが重要です。よくあるのは映画を日本語字幕で見るというものです。耳で英語を聴き、目で日本語を追う。脳が優先させるのはどちらでしょう。目で追う日本語です。聴覚と視覚が実際はどちらが優先なのかはわかりません。ただこと、映画に関しては第一言語が勝ちます。ですのでここでも英語の字幕にします。これで脳のチャンネルを一本化し少なくともこの学習の間は日本語を排除できます。

③フレーズを絞り何度も聞いて発話する

TEDのいいところはプログレスバーで何度も繰り返し聴きたいフレーズを気の済むまで聴けるという点です。それを活かし、単語が全部聞き取れるようになるまで聞いてください。聞けたら声に出して再生します。ここで大事なのは発音よりリズムです。

英語には①リズム②発音③イントネーションの要素があります。日本人の英語が伝わらなかったり、聞き取れない原因の多くはリズムにあります。それここで矯正しましょう。発音は別途修正が効きます。それ以外の注意としては、

1.最初から最後まで全部学習する必要はない

2.聞き取りたいなと思わなければ聞く必要はない

3.一回に1フレーズが聞き取れて発音できればオールオッケー!

以前「英語は上達よりも自信を持つことから」で書きましたが気持ちのスタート地点を0以上にすること。つまり、「これぐらい聞きとれないと」「何で分からないんだろう」「もっとペラペラ喋らないと」なんていう、追い込まれて、できて当たり前思考から、今日はこれが出来た、このフレーズなら知ってる、プラス思考にマインドセットしていくことが大切だということです。

1.TEDでいいプレゼンを見つける                

2.英語音声、英語版字幕で聞く

3.プラス思考でできないことではなくできたことを認識する

以上の三つを踏まえTEDを使って学習することがおすすめです。一緒に頑張りましょう。

投稿者

thanad11@msn.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です